死亡届

人が亡くなると、お葬式をあげます。

それはドクターからの死亡宣告をもって始まります。
ドクターから死亡宣告をされると、死亡届を書いてもらえます。

死亡届がないと、何もすることができません。
お通夜だって、お葬式だって、あげることができないのです。
つまりこの死亡届こそが、その人が亡くなったと証明できる物なのです。

たとえば、誰かをこの世からなくしてしまいたい…と思ったところで、
死亡届がなければ、そういったことはすることができないのです。
死亡届がない限り、生きている…ということになるのです。

ただ死亡届を書いてもらったからといって、お通夜やお葬式の準備を進めていくことができるだけであって、
火装までもをしてしまうことはできません。

亡くなってから、少なくとも24時間は要します。
24時間がたって、初めて火葬をすることが認められるのです。

その間は、亡くなっていると診断されてはいるけれど、何があるかはわからない…ということです。
家族葬が安い、信頼できる葬儀屋さんならこのサイト

お葬式には様々な種類があります。

お葬式に呼ばれ、参列することがあれば、必ず知っておかないと行けないことがあります。
それがお葬式の種類です。

亡くなられた方やまたそのお葬式の喪主となる人が、どの宗教に入っているか…ということです。
また宗教によっても宗派も様々です。
宗教が同じでも、宗派が違えば、お葬式の行い方もまた異なってきます。

多くの日本人が、仏教であることが多いです。
そのため仏教以外のお葬式に参列することになっても、何らこまることはありません。
おそらくそのお葬式に参列している人のほとんどが、仏教以外のお葬式の参列のマナーを知らないからです。

とは言っても、何もお葬式のマナーを知らないまま参列していては、不安でどきどきしてしまいます。
多少の知識があれば、何かと心強いものです。
堂々とした立ち居振る舞いができますね。

そのため、ちょっとしたマナーでいいので、日本で主に行われているお葬式のマナーを頭の片隅にでも入れておきましょう。お葬式の費用を抑えたいならこちら

香典鞄には、折りユーザーというものが決まっています。

これもエチケットといえるでしょう。

折る時は、結婚式の時のように慶事ポイントは、反抗の折りお客様になります。
それでは部下近隣を折ります。それから上を折ります。

香典カバンの表書きは、まずは亡くなられたお客様の宗教を知っていなければ書くことができません。
そのため訃報のお知らせを受けたら、直ちに宗教を確認することを覚えておきましょう。

ただ最近は何も宗教を信仰していない、無宗教の個人がある。
また宗教を確認し忘れたりして、わからないこともあります。

そんなときは「御霊前」という書くといいです。
「御霊前」は、どの宗教も払える表書きになります。

ただしキリスト教のプロテスタントという、仏教の浄土真宗だけは、こういう「御霊前」取り扱うことはできません。
仮に知らないまま、「御霊前」という書いてしまうという、面倒無礼に当たります。
十分に注意しましょう。

香典カバンを買った時には、そのカバンに表書きの書き方が説明されていますので、参考にください。http://www.xn--t8j1a4b6ac3i1509ajq0c.com