香典返しののし書き

香典返しをおくる場合には、品物であればのし紙をかけます。
のし紙のかけ方には、品物に直接のしをつけてから包装をする内のしと、
品物を包装してからのしをかける外のしの二種類あります。

持参して手渡しをする場合は、外のし、
送るときには、内のし、と区別されています。
ただし地域によっても異なってきます。

香典返しの表書きは、宗教によって違います。

一般的には、水引は黒白、あるいは黄白の結び切りです。
上段には、「志」、
下段には、「○○家」あるいは名字か喪主の氏名を記入します。

この書き方であれば、仏式・神式・キリスト教式、その他の宗教でも用いることができます。
ただしよく蓮の絵の入ったのし紙がありますが、これは仏式のみとなります。

仏式でも関西では、また違ってきます。
水引は黒白の結び切りのみです。
上段は「満中陰志」と書きます。
下段は同じになります。

神式やキリスト教式では、上段に「偲草」と書くこともあります。
「志」でもかまいません。

家族葬が安いのはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です